基礎化粧品とは?

日々のメイクをする前に、誰でも必ず使っているだろうものが基礎化粧品です。潤いのある健康な肌を維持するためにも、基礎化粧品は欠かせません。

肌はとてもデリケートな部分であるにもかかわらず、日中は外気の紫外線や乾いた空気にさらされ、また排気ガスや空気中の微粒子を直接受けるとてもハードな環境にあります。

衣類で保護されている体と異なり、顔の皮膚はいつも空気にされされ、外の刺激を受けるに任せています。基礎化粧品は肌をケアして肌に水分を与え、ハリのある健康な状態を作るものです。

他の化粧品はそれらを保護するものです。
細胞分裂によって産まれた皮膚は肌表面の角質層に達するまでにゆっくりと押し上げられ、2週間かかってゆっくりと肌の一番外側に出てきます。角質層に達した皮膚は、約15日ほどその場に留まり肌を守ります。

垢は、古くなった皮膚が役目を終えて剥離したものです。皮膚が垢となってはがれ落ちる頃には、すぐ下層に次の皮膚が待機しています。
角質は垢になる直前の状態です。このサイクルを維持することが肌の調子を維持することに繋がります。

基礎化粧品を揃える時は、そのことを念頭に置いて一つずつ揃えていきましょう。基礎化粧品は、成分はほぼ同じで形だけが違う場合もあります。

液体タイプやクリームタイプであることには差異がないかもしれません。

スキンケアに重要なことは肌質に合う適切な基礎化粧品を選んで使うことであり、たくさん使用すれば肌に良いかというとそうではありません。
自分の肌に合った基礎化粧品を選びのためには、宣伝文句やイメージに惑わされないようにしましょう。基礎化粧品の力を利用して、肌本来の持つ機能を正常に働かせて、健康で美しい肌を維持回復させましょう。

ケミカルピーリング (chemical peeling) とは、アルファヒドロキシ酸 (AHA) やサリチル酸などの薬剤を皮膚の表面に塗布し、新陳代謝の悪くなった角質層を剥がす治療法ですピーリングジェルを使うときは、洗顔を済ませてから、顔の水分を取った状態で使います。古くなった角質細胞が、約28日の周期であかとなって肌表面から落ちること、これが肌のターンオーバーなのですピーリングジェルを使えば、この肌のターンオーバーが正常な状態になるのです。

日本で使用されるピーリングジェルはピーリングの作用が緩やかなので、洗顔時に繰り返して使うのです。
それにはターンオーバーを正常にしていくような使い方が適しています。ピーリングジェルをどのような頻度で使うかは、その商品の種類によってそれぞれ違うようです。。

肌がごわごわになったり、くすみができてしまったりします。

このような肌トラブルをなくすには、ピーリングジェルを用いた角質ケアが効果的なのです。

ピーリングジェルを使用する際は、どうしても古い角質や汚れを落としたいという気持ちが出てくるのは分かりますが、逆に肌を傷つけては本末転倒になってしまいます。もちろん、高濃度かつ低いpHのピーリングジェルは、絶対に危険ですので安易に使用しない方が賢明でしょう。

たとえば肌がざらざらしていたり、くすんで疲れているように見える人、また毛穴が目立つ人にもお勧めの商品です。

敏感肌 シミくすみ 効果 クレイ洗顔人気ランキング